佳松苑 (京都府)

佳松苑 (京都府)

佳松苑 佳松苑

写真提供:じゃらんnet

夕日にこだわる夕日と語らいの宿

佳松苑

夕日にこだわる夕日と語らいの宿って知ってます?

夕陽にこだわり、夕陽を観光素材と捉えた宿づくり、地域づくりに積極的な宿泊施設10軒が集まり2001年7月に発足しました。

単に夕陽が見える宿というものではなく、地域や宿周辺の夕陽情報を、宿泊客に案内する「夕陽のコンシェルジェ」が、常駐していることなどを、入会条件として掲げ、夕陽を核にした人の輪が広がることに重きを置いています。

同年12月には、設立総会とシンポジウムを、大阪市の梅田スカイビルで開催。
以来、日本で唯一の夕陽評論家・油井昌由樹さんを顧問に、夕陽をテーマにした様々な活動を進めています。2003年7月末現在、正会員20施設、大学教授ら特別会員7名、賛助会員5団体・組織です。

 【正会員】 游水亭いさごや(山形・湯野浜温泉)、ホテル吾妻(新潟・佐渡島)、夕映えの宿汐美荘(新潟・瀬波温泉)、堂ヶ島温泉ホテル(静岡・堂ヶ島温泉)、ホテル木曽路(長野・南木曽温泉)、御宿乙姫、大海老、日間賀観光ホテル、(愛知・日間賀島)、シーサイドホテル鯨望荘(三重・浜島温泉)、荒磯亭(福井・三国温泉)、浜湖月(滋賀・長浜市)、紅鮎(滋賀・尾上温泉)、佳松苑、友善(京都・夕日ヶ浦温泉)、お宿炭平(京都・間人温泉)、潮彩きらら祥吉(兵庫・赤穂温泉)、大阪屋ひいなの湯(和歌山・加太淡嶋温泉)、ホテルシーモア(和歌山・白浜温泉)、リゾートホテルオリビアン小豆島(香川・小豆島)

この夕日にこだわる夕日と語らいの宿の正会員が、佳松苑なのです。

 水平線の彼方へ沈む夕日の美しさから「夕日ヶ浦」と名づけられた丹後の景勝地にある佳松苑。こだわりの夕日を見に、そして夕日のコンシェルジュと語らいに行きませんか? 

冬の醍醐味、カニを食す

佳松苑

じゃらんで予約できるプランは3つ(2005.12.27時点)

部屋だしでかにしゃぶ鍋を堪能!夫婦ズワイガニコース、部屋だしOKお得な平日(月から金)限定、カニ会席超贅沢な活ガニフルコース!

どのプランも、冬の醍醐味カニをお部屋でゆっくりと食べれます。そして、朝食は、2005年10月から、テレビでおなじみのヒサマ(平野寿将)氏、プロデュースの朝食が登場したのです。この朝食、広間での和食のバイキングなのですが、とっても気になりますよね。




クワガタプロジェクト!?

佳松苑では、面白いことをやっています。

なんと2006年の夏、クワガタプレゼントを企画しているのです。そのクワガタも、プレゼント用に飼育されたもの。カブト虫の「ヘラクレスヘラクレス」や、「オオクワガタ」、「ギラファノコギリ」、「虹色クワガタ」など、子供には、もうたまりませんよね。

ただし、数には限りがありますので、抽選になりますが、楽しみは楽しみです。
成長段階などの過程を1年がかりでホームページにアップしていく予定とのことですので、泊まる前から、楽しませてくれます。

来年の夏、子どもたちの喜ぶ姿、目に見えるようです。

最後になりましたが、温泉のこと。

佳松苑

夕日ヶ浦温泉は昭和55年に、この地に海水浴だけでない(当時は夏の海水浴がオンシーズンでした)、何とかして通年観光地とするための呼び物を見つけ出さなければと考え、9軒の旅館で温泉の掘削を始めました。

これから約2年後の昭和57年に掘削に成功し、夕陽の見える砂丘地から沸いたお湯だったので「夕日ヶ浦温泉」と命名。

源泉は当館から車で5分の国道178号線から西へ約200mの地点を南へ約100m入ったところにあり深度950m掘削し、水中ポンプで揚湯し、毎分600lが湧出しています。

佳松苑の温泉は、その源泉から配管を通して浴場に流しています。源泉のままでは温度が低いため(特に冬場は配管の途中で冷めますよね)、加水加温をしています。 温泉は循環ろ過式をとっており、髪の毛や浮遊物をろ過器を通してきれいなお湯にしています。

様々な菌を消毒・殺菌するため塩素系洗剤を使用しています。

貸切風呂については、40分1000円で、当日の予約が必要です。時間は先着順で。貸切風呂は「風林」「風美」の2箇所あります。

名称 佳松苑
住所 京都府京丹後市網野町木津247
連絡先 0772-74-9199   
料金 部屋だしでかにしゃぶ鍋を堪能!夫婦ズワイガニコース 大人1名 \21,000 から
食事 夕食は部屋食、朝食は和食バイキング
お風呂 貸切風呂は、40分1000円で、当日の予約が必要。
その他

佳松苑 (京都府)関連ページ

夕日浪漫 一望館 (京都府)
夕日浪漫 一望館  京都 部屋食 貸切風呂 木津温泉 夕日ヶ浦温泉
一望館 (京都府)
『家族で泊まる!部屋食、貸切風呂の温泉宿』は、お父さんお母さんが、まわりを気にすることなく、お子さんと、ゆっくりと食事できて、お風呂に入れる、夕食部屋だし、貸切風呂のある温泉宿だけを紹介しています。