丹泉ホテル (山形県赤湯温泉)

丹泉ホテル (山形県赤湯温泉)

丹泉ホテル 丹泉ホテル

写真提供:じゃらんnet

赤湯温泉にある宿

丹泉ホテル

赤湯温泉は、開湯900年の歴史を誇り、全国屈指の名湯です。

この赤湯というネーミングは、寛治7年に八幡太郎義家が、奥州征伐の際、その弟の加茂次郎義綱が手負の部下をひきつれて、烏帽子山のふもとまできたとき、岩の間からこんこんと温泉が湧いており、士卒は喜んでこのいで湯につかり、傷口を洗いました。

すると、傷はたちまちにして治り、血によって、湯が真っ赤になって、流れたところから、赤い湯”赤湯”といわれるようになったそうです。

その後、上杉藩の湯治場として栄え、現在も、赤湯温泉は、とてもよい湯が、豊富に湧き続けています。

その赤湯温泉にある老舗旅館が、丹泉ホテルです。2005年夏にリニューアルされ、貸切露天風呂(有料1050円)も完成し、ますます目が離せなくなった丹泉ホテル、一度ぜひ足をお運びください。

つきたても餅を食べ放題! 朝食が楽しみ

丹泉ホテルの朝食では、なんと、つきたての餅を、朝食会場で、食べ放題できます。

まあ、朝から、餅を食べ放題といっても、食べる数は知れていますが、すごく美味しいと評判です。そんな評判を聞くと、食べたくなるのが人情ですし、旅行って、夕食は、楽しみだけど、朝食は、特に関心がない!っていう旅行者も多いのではないでしょうか?

朝食が楽しみの宿って、正直めずらしいです。

当然、夕食はお部屋で食べれます。

丹泉ホテルの夕食は、プランによって違いますが、地元の旬の素材を生かした和風会席膳や、米沢牛ステーキの付いた和風会席膳を、お部屋でいただけます。貸切露天風呂に浸かった後は、ゆっくりとお部屋で、夕食を。

ボリュームもかなりありますし、味もよいので、大食漢のお父さんも満足するに違いまりません。

名称 丹泉ホテル
住所 山形県南陽市赤湯988
連絡先  
料金 お手頃 宿泊プラン 大人1名 \13,800 から
食事 夕食部屋食
お風呂 貸切風呂有料、要予約
その他

丹泉ホテル (山形県赤湯温泉)関連ページ

雀のお宿 竹屋旅館(山形県赤湯温泉)
『家族で泊まる!部屋食、貸切風呂の温泉宿』は、お父さんお母さんが、まわりを気にすることなく、お子さんと、ゆっくりと食事できて、お風呂に入れる、夕食部屋だし、貸切風呂のある温泉宿だけを紹介しています。