渋温泉 湯本旅館 (長野県渋温泉)

渋温泉 湯本旅館 (長野県渋温泉)

渋温泉 湯本旅館 渋温泉 湯本旅館
写真提供:じゃらんnet

外湯めぐり、そぞろ歩き

渋温泉 湯本旅館 渋温泉の歴史は古く、今から1,200年の昔、僧行基が諸国行脚の折り発見したと伝えられています。

その後、武田信玄公の(隠れ湯として)寄進があり、後の徳川時代、松代藩主の領となり、佐久間象山も出没のおり滞在しています。

大正初期には、渋温泉~中野~豊野を4人乗りの幌付馬車が行き来したこと、土産物屋・そば・うどんの店々も賑わったといいます。

こうした永い年月の記録の中にも、地元の人々がこぞって労力を出し合い、宿の引湯以外にも地域の人々のためのいこいの9つの外湯をつくりました。

現在では、お泊りのお客様にのみ門戸を開く“鍵”をお貸しし、巡浴のお楽しみをプレゼントしています。 石畳の続く温泉街を湯下駄を履いてカラン、コロン、懐かしい日本のこころがよみがえります。

1番から9番湯まで手拭にスタンプを押しながらのんびり巡浴。めぐり終わったら高台にある“高薬師さん”に詣でて満願成就というわけです。(巡浴手拭は300円。旅館・お土産店で販売)(渋温泉 湯本旅館HPより)

この9つの外湯、外観を見ただけで、温泉好きには、もう、たまりません。時間を気にせずに、ゆっくりと、下駄を鳴らしながらの外湯めぐり。かわいい子供と、美しい?妻を連れてのそぞろ歩き、そんな旅も、たまにはいいものです。

木造三階建ての老舗旅館。その佇まいはすばらしい!

渋温泉 湯本旅館は、渋温泉の真中、「大湯」隣に建つ木造三階建の老舗旅館です。その佇まいはすばらしく、一見の価値ありです。いや、一泊の価値ありです

そして、貸切露天風呂や大浴場は2つの自家源泉からのかけ流しの天然温泉。泉質は「含石膏-食塩泉」。吸入して呼吸器疾患、飲んで胃腸の調整に効果があります。

貸切露天風呂は、開いていればいつでも入れますので、家族連れにはとっても嬉しいですよね。

温泉で心身ともにリラックスし、リフレッシュしてくださいね。温泉につかったとは、お部屋でゆっくりとしましょう。昭和の初めの贅を尽くした木造りの宿。ここでは時がゆっくり流れます。

年輪を重ね、落ち着いた部屋の真ん中で、ごろりと体を寝かせ、心を寝かせる。年を経て、すっかり木目が浮いた手すりに寄り、窓越しに庭や山の風景を眺める。そんな贅沢な時間を味わってみてはいかがですか?

☆地ビール・地酒を飲んで貸切風呂を満喫プラン☆はどうでしょう

渋温泉 湯本旅館 家族連れで泊まるなら、☆地ビール・地酒を飲んで貸切風呂を満喫プラン☆はどうでしょう?

北信州を代表する地ビール・地酒を是非飲んでください。地ビールは3種類の中から選べます。ビールを飲んで気分爽快。一人にいずれか一本付です。

当然、夕食は、部屋食ですので、ゆっくりと家族団らんを楽しめますね。

名称 渋温泉 湯本旅館
住所 長野県下高井郡山ノ内町渋温泉
連絡先  
料金 予約は当日18時まで 素泊まりプラン 大人1名 \5,2 から
食事 朝夕部屋食プランあり。夕食は部屋食
お風呂 貸切風呂あり。無料。
その他

上記に掲載してあります情報は、サイト作成時のものですので、その後の情報および価格などの変更、リンク切れがある場合があります。また、リンク先旅行予約サイトのプランによっては、部屋食、貸切風呂ではないプランもありますので、リンク先の情報で、確認してください。

渋温泉 湯本旅館 (長野県渋温泉)関連ページ

御宿 ひしや寅蔵 (長野県渋温泉)
御宿 ひしや寅蔵 (長野県渋温泉)
丸善旅館 (長野県渋温泉)
丸善旅館 (長野県渋温泉)
大陽館 ヤマト屋 (長野県渋温泉)
大陽館 ヤマト屋 (長野県渋温泉)
渋温泉 湯本旅館 (長野県渋温泉)
渋温泉 湯本旅館 (長野県渋温泉)
一乃湯 果亭 (長野県渋温泉)
一乃湯 果亭 (長野県渋温泉)